読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇こそ我が人生

~観劇備忘録~

「TRUMP2015-REVERSE.Ver-」観劇【感想】

ストレートプレイ た行

f:id:ppboo013974:20160201213347j:image 

「TRUMP2015-TRUTH.Ver-」観劇【感想】 - 観劇こそ我が人生

「TRUMP2015-MARBLE.Ver-」観劇【感想】 - 観劇こそ我が人生


「TRUMP」の公演では、2人の俳優が相対する役を「TRUTH」と「REVERSE」の2バージョンで交互に入れ替えて演じています。
この公演の醍醐味と言ってもいいでしょう。
しかも、REVERSEでは役が変わると同時に台詞や性格も個々の役の解釈の仕方によって変わるので、同じ作品なのに全く異なる見方で作品を楽しむことができます。
と、いうかREVERSEはお遊び要素もありながら台詞も変わっているので演出家や演者達に引っ掻き回された感じが凄くありました。
 
※下記ネタバレを含む感想※
※D2版のみ観劇。「SPECTOR」「LILIUM」はDVDで視聴済みな人間の感想になります。※
 

個々の感想

ソフィー・アンダーソン/早乙女友貴
ウルの時はひとつ縛りで、ソフィの時は外巻きパーマな早乙女氏。
芯が強く上を向く高杉ソフィとは違い、冷静に考えながらも自分の存在意義に対して何だか下向きなソフィだった。
手持ち無沙汰に指を弄ったりしている姿が可愛らしかった。
孤独な自分に接してくる高杉ウルとの接し方が分からない、という感じ。
でも最後、必死にウルを助けようとする姿を見て、確かにソフィの中でウルがどれだけ大切な存在なのかがよく分かった。
どうでもいい話だが、早乙女氏はソフィでもウルでも剣を持たせると最強戦士早乙女になってしまうので、早乙女ソフィは本当に強そうに見えた。
 
ウル・デリコ/高杉真宙
一匹狼の早乙女ウルとは違い、貴族として(?)調和を重んじタイプのウルだった。
何でもないように大げさに振る舞いながらも、必死にどうにかしようと内で戦っている。
やはり感情を出す役は誰もやりやすいのか、高杉くんはウルの方がやりやすそうだった。
ソフィの時とは大分演技を変えて、おちゃらけ気味に早乙女ソフィに絡む姿が印象的。
しかし、そうして強がって死への恐怖心を隠している分、後半の絶望に満ちた彼の姿は痛々しかった。
どうでもいい話だが、モブ陳内氏が何かをやる度に高杉くんがケタケタ笑っていて可愛かったのを覚えている。
 
ティーチャークラウス/武田航平
陳内クラウスとは違い、真人間っぽいクラウス。
でも、それは精神を保っている時だけで、枷が外れた後の狂人っぷりがすごい。
武田クラウスは我慢して我慢して我慢して最後に爆発しちゃうタイプなんだな。
ウルに「君の血は良い匂いがしないんだ」と言う時の顔と声には心がないように思えた。
最後はもう完全にぶっ壊れてどうにでもなーれな感じで、ソフィを噛んだ後はまるで別人のよう。
笑いながらソフィの前から消え去る姿が印象的。
 
アレン・ストラウフ/陳内将

白痴の極み。本能で生きているタイプのアレン。
何故メリーベルはこんなやつに?と思ってしまうくらいのふわふわ感。喋り方もふっわふわ。
繭期重症タイプだし「お茶会しましょう?」とか言い出してもおかしくはないレベル。

武田クラウスがまとも?(まともじゃないんだけど雰囲気がまとも)な分、一人でふわふわしていて、クラウスのことは仲の良い友達、みたいに思っていそうなアレン。
でもクラウスに「もっとわがままになったほうがいい」って笑ったり、メリーベルに会いに行こうとするアレンを止めようとするクラウスに向かって「クラウスがわがまま言うようになった…」って言うんです。
ちゃんとクラウスがアレンと一緒に居る中で変わっていっているのを分かっているような言い方をする。ただの無意識なのかもしれないけれど。
自分が理解できないアレンに無意識に振り回されているクラウス。
だからこそメリーベルの件で枷が外れて精神が一気に不安定になってしまう武田クラウスにもなんとなく繋がる気がするし、武田クラウスだからこそ、この陳内アレンなんじゃないかなと思ったりした。

 
ラファエロ・デリコ/田村良太
眼鏡!眼鏡!
眼鏡キャラ好きの私には嬉しいどS知的敬語眼鏡ラファエロお兄さま。
アンジェリコを足蹴にするシーンが大好きです。
早乙女ソフィが充分強そうなので田村アンジェリコの孤高の強さに惹かれる下りはちょっと想像しにくかったですが、殺陣と立ち姿が綺麗なので洗練された強さみたいな感じには見えました。鋭い槍、みたいな。
山本ラファエロとの違いはウルのことも心配だけれど、父であるダリ卿の方をかなり強く意識しているところですかね。
クランフェストの時に父に声をかけてもらえなかった田村ラファエロの寂し気な姿だったらない。
クランが燃えた時もダリ卿がラファエロの名前だけを出してウルの名前を出さなくなったこともあり、よりウルを取り巻くこの二人の関係性みたいなものに密なものを感じました。
ダリ卿は一時の過ちでダンピールであるウルを子供に持った時点でラファエロよりもウルのことばかり気にかけるようになったんじゃないかな。
もちろん世間体を繕うためではありますが、それでも幼いラファエロにとってはウルが生まれた時点で父に見てもらえない存在になってしまった訳で。
そんなウルを護るための存在になってしまったラファエロが少しでも父に認めてもらうために今まで勉強や剣術を頑張ってきたのかなと眼鏡を見て思ったり思わなかったり。
 
でも最後、自身が燃える時に田村ラファエロはウルに向かって手を伸ばすんですよね。
それはウルを想ってなのか、ウルを護れなかったことによって父に最後まで期待に応えることが出来なかった自分への悲しみなのか。
田村ラファエロは考えれば考えるほど深いキャラクターだなと思いました。
 
アンジェリコ・フラ/山本匠馬
田村くんのコミュ障アンジェリコとは違ってただの可愛いおバカさん。
ジョルジュやモローと仲良く「イェェーーイ!」ってハイタッチしたり肩を組んだりして中々コミュニケーション能力が高いアンジェリコ。
しかし知能指数が低すぎて武闘派の山本ラファエロとは違い、頭の良い田村ラファエロには見向きもされてないんじゃないかな。
田村くんのアンジェリコはなんだかんだ悪知恵に関しては頭良さそうですし。
アンジェリコが燃えてしまった後にモブ役ですぐに出てくるのだが、ラファエロのものらしき眼鏡をかけて出てくるのが印象的。
どうでもいい話だが、クランフェストの時にソフィ・ウル・アンジェリコ・ラファエロが一人ずつ剣を振るっていくシーンで、山本さんはラファエロの時もアンジェリコの時も左手のポーズが同じでした。
フェシングポーズって言うんですかね?ああいうの。
 
臥萬里/大塚宣幸
大塚バンリは中身がSPECTERの中山萬里寄り。
ひょうきんで何を考えているのか分からないけれど、腕っぷしに自信があるからこそのあの態度、みたいな萬里。
個人的には平田萬里よりも大塚萬里の方が好みでした。
平田萬里はソフィのことを優しく気にかけているけれど、大塚萬里は弟のようにソフィのことを気にかけている風だった。
二人で話している時も、ソフィの気持ちを優しく汲んで正しい答えに導いてあげる、みたいなそんな兄貴肌萬里。
だからこそ「あっけなく」死んでしまうのは二重の意味で悲しかった。
あと、小劇場育ちの人はフットワークが軽いので、随所に小さな笑いをぶち込んでくるのはズルかったです。面白かった。
 
ピエトロ・ロンド/平田裕一郎
何故か一人だけ九州弁で喋るという一番キャラに手を加えている人。
アレンがあんなふわふわキャラだからほっとけないのはあるのだろうが、平田ピエトロを見ていたらピエトロもアレンに何処か惹かれていたのかなあと思うピエトロだった。
「今俺は海を手に入れた(曖昧)」って言うアレンに「小さか海やねぇ」と幼児に向かって話すような平田ピエトロも、やはりあの陳内アレンだからこそのピエトロなんだなと思った。
それにしても初見殺し過ぎて本当にズルかった。
でもまん丸オレンジチークぽっぽで、もんちっちみたいで可愛かったです。
Rキャスパレの平田ピエトロの溢れ出る可愛さをエンドレスリピート再生したい。
 
ティーチャーグスタフ/吉田メタル
坊主頭に眼帯は似合いすぎであるを体現された人。
もう見た目から強そう。
ドナテルロ回顧録のグスタフがメタルさんだったらかなりコワイ。
岡田グスタフは頭に血が昇ったらガッと勢いでやってしまいそうだけれど、吉田グスタフは冷静に冷酷に仕留めてきそう。
あと授業のシーンで何故か神楽的な踊りをやっていたのは何だったのだろうか。
 
ティーチャーミケランジェロ/岡田達也
ひどいオカマを見た。
と、いうのは冗談で、オカッパ頭で何故か尻好きの設定だったミケ先生。
イロモノの方が楽しそうに演じてらしたので私はこっちの岡田さんの方が好きでした。
 

クラウスとピエトロ

今回、クラウスがピエトロに向かって「どうして貴方はここに居るんですか?」と言う台詞が追加に。これによりピエトロが人間である伏線が増えました。
また、クラウスは人間であるメリーベルに取られたアレンが、また同じく人間であるピエトロにまでも取られてしまうのではないか、という何らかの焦燥感を抱いていたのでは?という憶測が私の中で沸き上がりました。
 

冒頭の老人の台詞

「本当に狂ってるやつは、自分が狂ってることなんて気が付いちゃいねぇのさ」
こちらも今回の再演で追加された台詞(曖昧ですけど)
さて、このお話の登場人物の中で一番「本当に狂ってるやつ」は誰だったんでしょうかねぇ…。

 

MARBLE感想記事に続く。

 

kngekigurashi.hatenablog.com

kngekigurashi.hatenablog.com

 

「TRUMP」
日程:2015年11月19日(木)~11月29日(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木

【出演】
高杉真宙/早乙女友貴/平田裕一郎/山本匠馬/田村良太/大塚宣幸/久保田創/森下亮/植田順平/日南田顕久/傳川光留/吉田メタル(劇団☆新感線)/岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)/末満健一/武田航平/陳内将
【作・演出】 末満健一
【音楽】 和田俊輔
【美術】 田中敏恵
【照明】 加藤直子
【音響】 早川毅
【衣装】 早川和美
【ヘアメイク】 国府田圭
【舞台監督】 鈴木政憲
【宣伝美術】 東學
【宣伝写真】 福山楡青
【企画・製作】 NAPPOS UNITED

 

広告を非表示にする